[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

ペットボトルのアレコレ(その3)

Q

同じ商品でちがうカタチ。ちがいは何?

自販機ボトル(問題).png
正解!
正解はD
自動販売機用のボトルがあります。
喜ぶ人たち
残念
正解はD
自動販売機用のボトルがあります。
悲しむ人たち

自動販売機の中で、ペットボトルは横置きでレーンに積み重なっています。
そこで自動販売機用商品は、レーンの内部寸法に合わせながら、積み重ねたときに安定するよう設計したボトルを使っています。(容量が異なるものもあります。)

横置きで左右が不安定になるボトルを積み重ねると、レーンの中にバラバラの隙間ができてスペースがムダになるだけでなく、商品が詰まって出てこなくなると困ります。

自販機ボトル(解答1).png

その他にも、レーンの中でボトルが積み重なる荷重、レーンから取り出し口に出てくる際の落下の衝撃なども考慮した丈夫な設計が必要です。

一方、お店などでは商品はお客様に見えるように冷蔵庫や棚に立てて置かれることが多くなります。そのためボトルも、棚の高さ、幅、奥行などの寸法に合わせつつ、商品の立ち姿がお客様にアピールできるようにデザインすることが多くなります。

自販機ボトル(解答2).png

生茶には洗練されたデザインのグリーンボトルが使用されています。自在なデザインのボトルが使いやすい無菌充填用ボトルについては、次回のクイズでご紹介します!

この記事をシェアする

お酒に関する情報の場合、20歳未満の方の共有(シェア)はご遠慮ください。

この記事のタグ
ペットボトル
容器
自動販売機
用語集

ページトップへ