[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

ビールの冷やしすぎにはご注意を(その1)

ビールが凍ってしまった...
飲めるのかな?

悲しむ人たち

ビールは凍らせないで!

よく冷えたビールは格別。でも、冷やしすぎ(・・)には要注意です。

特に、中味が凍ると体積が増え容器が破損したり、とけるときに内圧が上がって中味が噴きだす恐れがあり危険です。(対応方法は下に)

また、一度凍った後とけたビールは、飲んでも体への影響はありませんがにごりが出て、味のバランスもくずれています。冷凍することによりおいしさが保てる食品は多いですが、ビールには当てはまらないのです。

図1.png
考える成人男性(右向き・腰まで)

早く冷やしたいからって、冷凍庫に入れたりしちゃいけないんだね。

ビールが凍るとどうなるの?

ビールは、まず水分から凍りはじめます。その結果、ビールのエキス分が濃縮され、もやもやしたおり(・・)が出てにごりの原因となります。

これは「凍結混濁」とよばれるもので、飲んでも無害ですが、おいしくありません。また、このにごりは一度生成すると元には戻りません。

図2.png

凍ったビールがとけると…

凍ったビールがとけるときは、凍る時とは逆に、濃い部分が先にとけます。濃い部分は重いので、容器の下の方にたまります。その後、薄い(水分が多い)部分がとけて、容器の上の方に集まります。

このようにして、容器の中でビールの濃さにムラができるため、最初に注いだときに、水っぽく感じられたりします。また、混ぜてもにごりは残ったままです。

どうして危険なの?対応方法は?

また、凍った商品を解凍するときに、衝撃をあたえたり急激に温めたりすると、温度の上昇とともに炭酸ガスが膨張し、容器が破損して中味が噴きだすことがあります。タオルにくるむなど、危険のない場所と状態で完全にとけるまでそっと置いておきましょう

図3-3.png

ノンアルコールビールは凍りやすい?

商品のアルコール度数によって、凍る温度が違うことをご存知ですか?

アルコール度数が高ほど凍結温度は低くなる、すなわち凍りにくくなります。逆に、アルコールを含まないノンアルコール飲料は、ビール類よりもやすいのです。

また、飲みものの中に溶けている成分の量が多いほど、凍りにくくなります。ノンアルコールビールでは、糖分の多い清涼飲料より凍りやすい場合もあるのです。

図4_2.png

冷蔵室でも凍ることがあります。

ご家庭の冷蔵庫の冷蔵室内でも、吹き出し口の温度は0℃付近になることがあります。チルド室や吹き出し口付近で長時間保管すると、凍結してしまう場合があります。特にノンアルコールビールは注意が必要です。

また、寒冷地では寒い時期には、屋内でも凍ることがあるので要注意です。0℃以下にならない場所で保管してくださいね。

最後に、不思議な現象について。
商品がゆっくりと静かに冷やされると、まれに、凍らないまま凍結温度以下になることがあります。これは過冷却と呼ばれ、過冷却状態になった商品は、何らかのきっかけ(衝撃など)で、一気に凍ることがあります。特に炭酸ガスを含む場合は、開封による内圧の開放がきっかけとなることがありますのでご注意ください。

ビールには飲みごろの温度があります。季節や好みにもよりますので一概には言えませんが、6~8℃がおすすめです。くれぐれも冷やしすぎにはご注意くださいね。

図5-2.png

知っトクポイント!

  • ビールは凍ると、おいしくなくなる。とけても元には戻らない。
  • ノンアルコールビールは、特に凍りやすい。
  • 冷蔵室では置く場所に注意!

この記事をシェアする

お酒に関する情報の場合、20歳未満の方の共有(シェア)はご遠慮ください。

用語集

ページトップへ