[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

文字サイズ
縮小 標準 拡大

Q&A

炭酸飲料用ペットボトルの底部が5つの突起に分かれているのはなぜですか?

強度を高めるためです。
炭酸飲料は、中身に溶け込んでいる炭酸ガスの影響で、容器の内側から外側へ圧力が強くかかっています。
炭酸飲料の容器として最も丈夫な形状は、圧力が均等に分散する球形ですが、容器としては自立しません。また、お茶などのボトルのようなデザインにした場合は、内側からの圧力で凹部が出っ張る現象が出てしまいます。
そのため、炭酸飲料用ボトルは底部を半球状にして、さらに半球状の5つの突起をつけることで、圧力への強度と自立するという使いやすさを両立させています。
また、胴部も円筒にして、内側からの圧力に耐えられるようにしています。

ページトップへ

ページトップへ

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ